モデルオーディションの自己PRのコツ

モデルオーディションの自己PRのコツ


モデルを夢見ている方は全国にたくさんいらっしゃいます。しかし、モデルになるにはまずオーディションにて自らをアピールし評価されなくてはいけません。そんなモデルオーディションにパスするためにはいくつかのポイントがありますので、ご紹介致します。

 

目線について


審査員の目を見て話す事はとても重要です。質問を投げかけられたら審査員に顔を向け、目を見て話すように心がけましょう。

目を泳がせない、きょろきょろしない、下を見ないという目線のポイントが大切になります。目線が下を向いたり泳いでしまうと姿勢も悪くなってしまうため気をつけたいところです。

 

姿勢について


姿勢はモデルにとってとても重要なポイントです。また、姿勢が悪ければ発音もはっきりしないために相手には伝わりづらくなってしまいます。姿勢が良いとお腹から声をしっかり出す事もできますので、相手にも伝わりやすくなり、好印象を持ってもらう事ができるようになります。よって、背筋を伸ばし、姿勢を正す事は大切です。

 

話し方について


相手に伝わるようにはっきりと大きな声で慌てずゆっくり話すようにすると良いでしょう。
人は緊張すると早口になってしまう方が多いです。しかし、早口では伝えたい事も伝わりにくくなってしまいますので、心を落ち着けゆっくり大きな声で話すように意識する事が大切です。

 

日頃から練習をする事


誰でも緊張するのは当たり前。
日常生活でも緊張感を忘れず自己PRの方法や質問の答え方の練習、表情の練習なども行っておくと良いでしょう。